ほんとの出会い系ブログ

今まで出会った本をご紹介します。人気の作品や良書と呼ばれる本が多いと思いますので、出会いのきっかけになれば幸いです。

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

2017年の第156回直木賞を受賞した作品です。3年毎に日本で開催される国際ピアノコンクールが舞台で、100人近くのコンテスタントが第1次から第3次予選、そして本選を経て優勝を目指します。物語はその中の4人のコンテスタントにスポットを当てて進みます。

風間塵は父と各地を転々とする16歳の少年です。彼の自由で独特な演奏スタイルは、物語を通して様々な人に影響を与えます。

かつてピアノの天才少女と呼ばれCDデビューも果たしていながら、ピアノの指導者でもありマネージャーでもあった最愛の母の死以来、人前でピアノを弾くことを避けていた栄伝亜夜は、20歳になった今、再びコンクールに臨みます。

楽器店勤務の社会人である高島明石は、自分の音楽家としての最後のコンクールと覚悟して、応募規定年齢ぎりぎりの28歳で挑戦します。

名門ジュリアード音楽院から参加する日系の19歳マサル・カルロス・レヴィ・アナトールは、高い演奏技術と豊かなセンスを兼ね備え、優勝候補と目されています。

本作品の魅力のひとつは、4人それぞれのコンクールに対する思いや、音楽についての考え方、演奏に臨むまでの心理が、予選から本選を通してとても丁寧に描かれることです。年齢や経歴、性格も様々ですが、音楽へ対する清々しいほどのまっすぐな姿勢は、4人それぞれを応援したくなるような気持ちにさせられます。

もうひとつの魅力は、演奏の描写です。クラシック音楽の演奏を時には風景のように、時には物語のように、演奏者の心情と絡めながら描き想像を掻き立てます。コンクールやクラシック音楽に馴染みがない人でも本作品ではコンクールの緊張感や会場の興奮、そして壮大な演奏を感じられるのではないかと思います。

本作品は表現豊かな音楽小説であり、若者たちの爽やかな群像小説でもあります。

広告を非表示にする