読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんとの出会い系ブログ

今まで出会った本をご紹介します。人気の作品や良書と呼ばれる本が多いと思いますので、出会いのきっかけになれば幸いです。

ビッグデータ・コネクト

日本のIT業界、特にITゼネコンとも呼ばれる多重下請け構造の中で働くエンジニアと、サイバー犯罪対策課の刑事、そして彼らの関わる犯罪捜査を描くミステリー小説です。

主人公は京都府警サイバー犯罪対策課の万田警部です。万田は、滋賀県警捜査一課長の沢木からある事件の捜査協力を依頼されます。その事件とは、滋賀県大津市に建設中の官民複合施設「コンポジタ」のシステム設計・開発に携わっていたエンジニアの月岡が行方不明になり、間もなく犯人から、月岡のものと思われる切断された右手親指の写真が添付された電子メールがマスコミに送られてきたというものでした。この電子メールは、通称XPウィルスと呼ばれるPC遠隔操作ウィルスに感染したPCから送信されていたため、XPウィルス作成者として逮捕され不起訴となった元派遣エンジニアの武岱に協力を依頼することになります。

本書はサイバー犯罪を描く小説なのでITに関する記述がしばしば登場しますが、いくつか興味深い点があります。ひとつは日本のIT業界の描写です。大規模プロジェクトでみられるような中小SIer多重下請け構造や、その末端のエンジニアの労働環境が生々しく描かれる点はミステリー小説の中でも比較的珍しいのではないでしょうか。もうひとつは技術に関する記述です。著者の藤井太洋さんはソフトウェア開発の経験があり、サイバー犯罪の仕組みやITを使った捜査の手法に実在の技術やソフトウェアを絡めているため、ストーリーにリアリティを感じることができます。

また、本書は2015年に出版され、PCの遠隔操作ウィルスや個人情報の流出といった事件、図書館(公共施設)の民間委託やマイナンバー制度などの近年の現実の出来事を連想させるような要素が盛り込まれている点も、近未来のSFというよりは今まさに起きようとしているかもしれないという感覚にさせてくれます。警察小説やミステリー小説好きな方はもちろん、エンジニアの方にも楽しく読み進められるのではないでしょうか。