ほんとの出会い系ブログ

今まで出会った本をご紹介します。人気の作品や良書と呼ばれる本が多いと思いますので、出会いのきっかけになれば幸いです。

生存者ゼロ

生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

2013年の第11回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作です。ストーリーの主な舞台は北海道です。

北海道根室沖の石油掘削プラットフォームに向かった陸上自衛官の廻田三等陸佐たちは、そこで職員全員の死体を発見しました。しかも室内は血の海で、死体は皮膚がただれ筋肉や骨がむき出しのかなり傷んだ状態、もがき苦しんだように上体はのけ反っており、それは強毒なウイルスや細菌に感染したような状況でした。

理化学研究所感染症学者である富樫博士は政府に呼び出され、石油掘削プラットフォームの事件から感染拡大を防ぐために協力を求められます。政府の対応に不満を抱きつつも協力することにした富樫でしたが、死亡の経緯や感染経路の解明は思うように進みません。そんな中、政府は感染拡大が無いことを理由に事態は終息したと判断します。

ところがしばらくして今度は北海道の中標津で同様の事件が起きます。街中の人々が無残な姿で死亡していました。ついに北海道へ上陸してしまった感染拡大の恐怖と対応が後手に回る政府、徐々に感染の真相に近付いていく廻田や富樫たちと、時間とともに恐怖が加速していく展開は王道のパニックスリラーといえるでしょう。

北海道の札幌は全国で人口が5本の指に入る大都市です。感染が札幌へ到達したときの被害は計り知れません。それを想像しながら読み進めると、よりスリルを感じられるかもしれません。読み終わった後は、この壮大なスケールとスピード感は映像化してもおもしろそうだと思う一方、グロテスクな描写をそのまま映像化するのは厳しいかもしれないと思いました。

広告を非表示にする