読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんとの出会い系ブログ

今まで出会った本をご紹介します。人気の作品や良書と呼ばれる本が多いと思いますので、出会いのきっかけになれば幸いです。

サーバ/インフラエンジニア養成読本 ログ収集~可視化編

システムの様々なログを収集するためのソフトウェアとしてFluentdの導入が進んでいます。Fluentdは多くのプラグインによって機能を拡張できるほか、プラグイン自体を自分で作成することもできます。ビッグデータに関する書籍ではFluentdを紹介していることがありますが、Fluentdをメインに解説する書籍は多くありません。本書はFluentdの導入から運用のノウハウ、さらには検索サーバElasticsearch、収集したログの可視化ツールKibanaまでをカバーします。

本書は4特集に分かれています。

  • 特集1 ログ解析からはじめるサービス改善
    まずは、一般的なデータ分析の手順を説明し、コーヒーショップのECサイトを例にデータ分析とサービス改善の関係を説明します。さらにFluentd、Elasticsearch、Kibanaの簡単なインストール手順を説明します。

  • 特集2 ログ収集ミドルウェアFluentd徹底攻略
    Fluentdのアーキテクチャ説明からインストール方法、設定方法、運用時の監視、ノウハウを説明します。後半はFluentdのプラグインカタログとなっており、これを眺めるだけでもFluentdでどのようなログを収集、加工できるかがイメージしやすいでしょう。

  • 特集3 Elasticsearch入門
    全文検索サーバであるElasticsearchのアーキテクチャ説明からインストール方法、設定方法、チューニングポイント、プラグインの紹介です。

  • 特集4 可視化ツールKibanaスタートガイド
    データの可視化ツールであるKibanaのインストール方法、設定方法、ダッシュボードの利用方法の説明です。オールカラーページなので、可視化したデータの見え方がイメージしやすく説明されています。

ログにはサーバのアクセスログや障害時に調査対象となるエラーログのほか、アプリケーションが出力するログ、そしてビジネスの意思決定に利用されるログなど様々な種類があります。これらのログを適切な場所に適切な形式で蓄積し、利用者にとって適切な状態で提供できるようにするには、ログ収集基盤が不可欠となります。本書はそのようなシステムを構築するための入門書として最適といえるでしょう。