ほんとの出会い系ブログ

今まで出会った本をご紹介します。人気の作品や良書と呼ばれる本が多いと思いますので、出会いのきっかけになれば幸いです。

闇の守り人

闇の守り人 (新潮文庫)

闇の守り人 (新潮文庫)

守り人シリーズ第2巻の「闇の守り人」です。前巻の「精霊の守り人」で女用心棒バルサは、チャグムを命がけで守ることで、今は亡き養父ジグロが幼い自分を連れて故郷カンバル王国を逃れて守り育ててくれた気持ちと重ねました。そしてジグロの最期を故郷に伝えるため、自分の過去と向き合うため、25年ぶりに故郷へ戻ることを決意しました。

しかし、故郷に戻ったバルサは、自分が考えていた以上の現実と向き合うことになります。ジグロは汚名を着せられており、自分は死んだことになっていたのです。さらにカンバル王国には貴重な宝石「ルイシャ」にまつわる陰謀が渦巻いており、バルサはそれに巻き込まれていきます。

前巻と同様、「闇の守り人」でもカンバル王国の山の底の闇を支配する「山の王」やその家来「ヒョウル」などの独自の世界観が広がります。また、バルサが自分の過去を振り返り、そしてジグロの想いとも向き合い、本当の意味でジグロを弔うために奔走するストーリーは、ますますバルサという登場人物を好きになるきっかけとなる一冊になるのではないでしょうか。

honto.hatenablog.jp

広告を非表示にする